トップページ > 矯正装置

 矯正装置

ここでは、矯正治療に使用する装置を説明します。

エステティック・ブラケット

ブラケットは元来金属製がもっとも効率的ですが、 成人の矯正希望者が増えるにつれ、 最近は歯の色に近い審美的なブラケット (エステティック・ブラケット)が主流になっています。 その素材はセラミックや コンポジットレジン、ジルコニュウム、人工サファイアなど様々です。 エステティック・ブラケットは審美性に優れていることが長所ですが、 壊れやすい、歯の動きが鈍い、価格が高いなどが欠点です。 動きの点については、ワイヤの入る部分だけ金属製のタイプが開発されたことで、 かなり改善されたものが出ています。

大臼歯バンド

ブラケットは、歯科用接着剤によって歯の表面に接着(ボンディング)されますが、 治療が終われば外すものですので、 接着剤には「外れにくく外しやすい」という相反する性質が求められます。 そのため、治療中に外れることがあるのは、ある程度やむを得ないところです。 奥歯(大臼歯)にもブラケット(あるいはチューブ)を 接着(ボンディング)することはありますが、奥歯には強い力が加わるため、 通常はバンドと呼ばれる金属製帯環にブラケット(あるいはチューブ)を 溶接したものを、歯科用セメントで合着します。

ワイヤ

ワイヤは、矯正治療の重要なパーツです。 矯正医の治療上の意図がすべてこのワイヤに曲げ込まれ、 そのワイヤがブラケットに組み込まれることで、 歯が矯正医の意図どおりに移動します。

コイルスプリング

歯の隙間を空ける(空隙を一ヶ所に集める)際によく用いられます。

パワーチェイン

高化学ゴムの円い小さな輪が連続した製品で、用途はコイルと似た目的で使われます。

口腔内ゴム

主に上下の顎の関係を改善するために使われる輪ゴムで、患者さん自身が付けたり外したりします。

ヘッドギア

顎外(口腔外)装置の代表的な一つで、 奥歯が前に移動して来るのを防ぐために使われる補助的装置です。 通常一日8時間以上の使用が必要で、主として就寝中に使います。

Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) わかば歯科クリニック 矯正歯科 All Rights Reserved.